その便秘はストレスが原因だった!ストレス性便秘の原因と効果的な解消方法


ストレスと便秘

皆さんはストレスを感じると身体の調子が悪くなるといった経験がないでしょうか?
腹痛や発疹、頭痛、吐き気などの症状がある場合、それはストレスが溜まりすぎて身体が悲鳴をあげている状態です。
その中でも多い症状が「便秘」です。なぜストレスが溜まると便秘になるのでしょう?

腸は筋肉でできており、その筋肉を動かすために神経線維が張り巡らされています。
摂取した食物が腸に運ばれてくると、必要な栄養と水分を吸収しつつ不要な物をゆっくりと出そうと働きます。これを「蠕動運動」といいます。
腸に食物が入ってきたことを神経線維が察知し、筋肉を動かすことで蠕動運動は正常に機能します。

しかし、ストレスを感じてしまうと神経線維にまでストレスの邪魔が入り蠕動運動がうまくできず機能を果たせないという状態になってしまいます。

蠕動運動がうまくできない状態になった腸の中にはどんどん摂取した食物が溜まり、栄養と水分を吸収した便が腸内に停滞してしまいます。

また長時間腸内に停滞した便は水分が吸収し続けられるため固くなってしまい、肛門付近まで到達しても排出しにくくなってしまいます。
だからといって無理矢理肛門に力を入れて排便すれば切れ痔になってしまい、さらにストレスが増えるという悪循環が引き起こされてしまいます。

便秘は腹部の張り、腹痛、食欲不振など引き起こします。ストレスを感じることで便秘になり、便秘であることを感じるとストレスになりという悪循環が引き起こされないためにも、便秘解消をしていくことが大切です。
では、どうすれば便秘解消ができるのでしょうか?

食生活を見直す

まずは、自分の食生活を見直してみましょう。
朝起きるのが遅くて朝食を抜いていませんか?
腸の1日をスタートさせるためには朝食を摂取し栄養を与えることが大切です。
朝食を摂ることで脳にも栄養が回り1日の活力が湧いてきますので、脳を起こすとともに腸も起こしてあげてください。

ファストフードに頼っていませんか?ファストフードはビタミンやミネラルといった必要な栄養素があまり含まれていません。

また脂でギトギトの食物は消化の妨げになってしまうため便秘を引き起こすと言われていますので注意が必要です。

アルコールを過剰摂取していませんか?
よくアルコールを摂取することで便秘が解消されると聞きますが、それは適量摂取だからです。アルコールの過剰摂取は胃腸を傷つけたり、アルコールを排出しようと身体が水分を多く使ってしまうため脱水状態となり便が固くなってしまいます。

ストレスを感じることで呑みたくなるのもわかりますが、以上のことを頭に入れて楽しく呑みたいものですね。

運動習慣を取り入れる

仕事や学校でずっと座った作業をしていませんか?
身体が同じ姿勢を保つことで腸も同じ姿勢のままの状態になってしまうので機能が落ちてしまいます。

忙しくて運動する時間がとれない方も多いでしょうが、休憩時間に身体を左右に捻ったりするだけでも腸が動きますので試していただければと思います。

運動習慣を取り入れることでストレス発散にもなりますのでジョギングやウォーキングなど簡単な運動から始めてみると良いでしょう。

内服薬を飲んでみる

ガンコな便秘に困ったら、内服薬に頼るのも大切です。内
服薬には便を出すのが目的の物や便を柔らかくして排出を促すのが目的の物など様々です。
内服薬を考える際には、まず医師に相談してみてください。症状や状態から合う内服薬を処方してくださるでしょう。

好きなことを思いっきりする

仕事や学校に追われる日々を送っていませんか?たまには好きなことをして楽しむこともストレス発散に繋がります。
ショッピングに出かけたり、自然の中でのんびりしたり、カラオケで熱唱したりと自分の好きなことを思いっきりする日を設けてみてください。
身体も心もスッキリするでしょう。

まとめ

さて、今回のストレスと便秘についてのまとめです。

便秘のメカニズム

ストレスを受けることによって腸の蠕動運動が妨げられる
・便が腸内に停滞することで固くなり排便しにくくなる
・無理に排便すると痔になりやすくなる
・便秘を自覚することでストレスを感じ、さらに便秘を悪化させる

便秘解消法

・食生活を見直すとともに、生活習慣を見直してみる
・運動習慣で身体も心もリフレッシュさせる
・気になる症状があれば、すぐに医師に相談する
・生活の中に楽しみを作る

便秘を経験した人には、便秘の苦しみがすごくわかるでしょう。
世界には便秘が原因で亡くなってしまった人もいるそうです。
日本人の悪性新生物による死亡者で男性第3位、女性第1位に挙げられるのが大腸ガンです。

大腸ガンになる起因も便秘が挙げられます。便秘だからと放っておいて、いざ検査してみたら大腸ガンだったという話もよく聞きます。

また便秘は身体の不調だけでなく、心の不調にも繋がってしまいます。便秘を軽く考えず、すぐに対処していくことが必要です。

そして、不調を感じたらすぐに医師に相談し検査や内服治療してください。早期発見、早期治療は重大な疾患の進行を取り除くことに繋がります。

ストレス社会と向き合う

ストレスのない生活ができれば、身体の不調に悩まされる日も無くなるでしょう。しかし、生きていくのにストレスは付きまといます。

仕事や学校、恋人関係、家族関係などからくる悩みやストレスは尽きないものです。特に日本人は繊細な性格が特徴的といわれ、些細なことでもストレスを感じやすいのです。

なので「ストレスを無くす」と考えるのではなく「ストレスとうまく付き合っていく」と考えたほうが気持ち的にも楽になるでしょう。
ちょっと考え方を変えるだけでも、ストレスが緩和されていくのではないでしょうか?

あなたの生活と腸内環境がスッキリとしたものになりますように。

おすすめの乳酸菌

機能性表示食品「VITAL FROLA」バイタルフローラは生きた乳酸菌が腸を整えてくれます。RIZAPが開発した乳酸菌サプリでカラダの内側からキレイになりましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ