臭い便のにおいや臭いおならは腸内環境悪化サイン?臭いを改善する食べ物・飲み物をご紹介!


なんとかしたい!おならや便のにおい

おならをしない人はいませんが、「くさい!」と言われるとショックですよね。
トイレの後に誰かが入って、もし臭いと思われたらどうしよう・・・
そんな心配をして外でトイレを我慢してしまうと余計に便が出なくなり、便秘がひどくなります。

腸内環境は整っていないと便が異常に臭うものです。
実は健康な人の便はあまり臭いがしないのです。

あなたの便やおならが臭いのは不健康な腸だからかもしれません。

悪臭は悪玉菌が増えた腸内から出てきます。
腸内の悪玉菌は悪臭のもとになる腐敗物質をつくりだすのです。

臭いだけではなく、臭いの成分は活性酸素が発生して、腸内を傷つけます。また、血液を汚し、体に悪影響を及ぼします。

便秘は腸の中に便がたまっている状態です。
おなかの中に生ゴミをずっと置いていると考えると恐くなってきますね・・・。

腸のなかで腐敗が進み、腸内には悪玉菌がどんどん増えていきます。
そして、悪臭の元になります。

便と一緒に出ていくはずだった有害物質も出ていく場所がなく、また全身に取り込まれて、においの原因になります。

ニオイを抑える方法

腸内には善玉菌と、悪玉菌、そしてどちらにも属さない日和見菌が存在しています。
善玉菌が減ると悪玉菌が多くなり、臭いの原因になる有害物質が発生します。
便秘と臭いを改善するには、内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことです。
善玉菌を摂取して、腸内環境を良くしていきましょう!

ニオイが気になる、という方はのほとんど便秘の症状があると思われます。
私の場合も、便秘がひどかった頃は、臭いがきつく、トイレ後は消臭スプレーなどをしないとなんだか恥ずかしくて出られなかったのですが、善玉菌を日常的に摂取することで便秘が解消されると、それにつれて便やおならの匂いも薄れていきました。

善玉菌がよく含まれている食品は、「乳酸菌を多く含む食べ物」「オリゴ糖を多く含む食べ物」「食物繊維を多く含む食べ物」といったものがあげられます。
これらの食べ物は善玉菌が育つ環境作りの手助けをしたり、善玉菌のエサになったりしてくれるのです。

乳酸菌を多く含む食べ物

発酵食品に乳酸菌が豊富に含まれています。
「チーズ」「ヨーグルト」「納豆」「味噌」「キムチ」などがあります。

オリゴ糖を多く含む食べ物

野菜には実は豊富に含まれています。「玉ねぎ」「ゴボウ」「白ネギ」「トウモロコシ」「アスパラガス」などがオリゴ糖を多く含む野菜です。
また、「大豆」にも多く含まれています。「豆腐」や「納豆」などもオススメです。

食物繊維を多く含む食べ物

食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。便秘を解消するためにはこの2つの食物繊維をバランスよくとることが重要です。
この両方の食物繊維を組み合わせることで便秘解消の効果が高まります。
「不溶性食物繊維2:水溶性食物繊維1」のバランスが便秘解消に効果があるとされています。

■水溶性食物繊維・・・こんにゃく・海藻類( 寒天 、昆布、ひじき、わかめ、もずく等)・果物類

■不溶性食物繊維・・・そば、ライ麦等 ・豆類 ・野菜類・イモ類・きのこ類

食物繊維

このように毎日の食生活でバランスよく食べられればいいのですが、飲み会が続いたり、仕事で遅くなったりした時はついバランスが崩れてしまいます。
忙しすぎて、外食中心という方もいらっしゃるでしょう。

おすすめの乳酸菌

機能性表示食品「VITAL FROLA」バイタルフローラは生きた乳酸菌が腸を整えてくれます。RIZAPが開発した乳酸菌サプリでカラダの内側からキレイになりましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ