なかなか出ないスーパー便秘!直腸性便秘の原因と解消するポイント


みなさん、お通じ事情はいかがですか?
問題なく毎日快調でしょうか?
しかし、なかなかそういう訳にもいかないですよね。

さて今回は直腸性便秘という便秘症状についてお話ししたいと思います。
お通じがなくて苦しいので、便秘薬を使用したらおなかを下してしまった。
そんな経験ないでしょうか?
もしかしたら、あなたのその便秘は直腸性便秘なのかもしれません。
実は、直腸性便秘は便秘薬を服用する事では解消されない便秘症状なのです。
いえ、この直腸性便秘は便秘薬を使用し続けると解消されないどころか、悪化の一途をたどっていってしまうかもしれませんよ。

直腸性便秘。
みなさん、この名前を聞いたことがありますか?
便秘について詳しく調べた人以外、あまり聞きなじみのないものだと思います。
それどころか、便秘はひとくくりに便秘であってたくさんの原因や症状があるなんてあまり知られていないのかもしれませんね。
便秘にお悩みのみなさん。
あなたの便秘の症状がどのようなものであるか、どのような要因からなっているのかを知ることはとても大切な事です。

では、この直腸性便秘の症状や原因、解消方法ついて詳しく考察してみることにしましょう。

直腸性便秘の症状と原因

直腸性便秘の症状とはどのようなものなのでしょうか?
その名前の通り一般的な便秘症状の大腸が問題なのではなく、その先の直腸に問題のある便秘症状のです。
ではその症状を詳しく調べてみましょう。

便意が感じにくい

直腸性便秘の症状として便意の感じにくさがまず挙げられます。
直腸の神経が鈍化し、感度が鈍くなってしまうことから起こります。
そしてこれが繰り返されることによりさらに悪化するという負のスパイラルが起こってしまうのです。

排便時痛みを感じる。違和感がある。

大腸から直腸内に便が送られてきても便意が感じられなくて排便できない状態がつづいてしまうと直腸に便が溜まります。
直腸内に溜まった便はどんどん水分吸収されていってしまいます。
直腸は大腸よりも太いので大量に水分のない硬い便が作られていってしまうのです。

硬い大量の便の排せつ。
考えただけで違和感や、痛みを感じるイメージがわいてしまいますね。

便秘薬を使用すると下痢をする

この便秘の場合、大腸に問題があるわけではありません
ですから、大腸のぜん動運動を促す便秘薬を服用してしまうと下痢になってしまう恐れがあるのです。
しかも便秘薬を使用することにより大腸や直腸の便意を感じたり促したりする機能をなまけさせる結果になります。
なまけた神経のカンを取り戻すことは難しく時間がかかるので便秘薬の乱用はやめましょう。

では、このような嫌な便秘症状を起こす原因はどのようなものなのでしょうか。
直腸性便秘の原因を詳しく調べてみましょう。

我慢してしまう

あなたは便意を我慢していませんか?
この便意の我慢が直腸性便秘の大きな原因だと言えます。
正常な便意のサインも我慢を続けてしまうと起こらなくなってしまうのです。
直腸が便意の刺激に慣れてしまうことから起こるのです。

病気

この直腸性便秘は痔や直腸瘤が原因になる事があります。
痔の場合、痛みから排便回数の減少が見られます。
先ほども述べましたが、便意を我慢してしまうと直腸性便秘になりやすくなります。

直腸瘤が邪魔をして排便しにくい場合でも直腸性便秘になる可能性があります。
つまり、様々な原因で、直腸内に便が溜まってしまう状態が長く続くことが問題なのです。

老化

直腸の神経が老化し排せつの刺激を感じにくくなったことにより、直腸性便秘になりやすくなります。
特に寝たきりの高齢者に多くみられます。

直腸性便秘の解消方法とは?

日常的な我慢や病気まで幅広い原因のある直腸性便秘ですが、どのような解消方法があるのでしょうか?
詳しく調べてみましょう。

便意を我慢しない

むやみに便意を我慢しないようにしましょう。
便意の我慢はどの便秘症状も悪化させてしまします。

決まった時間に排便を試みる

毎日決まった時間に排便を試みましょう。
一日の排せつゴールデンタイムは朝です。
体の老廃物を排せつしようとする働きが一番強い朝に排便を試みましょう。
直腸性便秘は直腸に便が溜まっても便意を感じない場合が多いので、まずトイレに行く習慣をつけ排便する準備を整えましょう。

食物繊維を摂る

食物繊維の中でも水溶性食物繊維を積極的に摂りましょう。
直腸内で硬くなった便を軟らかくすることで便意を感じやすくし排せつもしやすくなります。
不溶性食物繊維は多く摂ってしまうと便のカサが増え直腸内にたまった便のカサも増えてしまうのでおすすめは出来ません。

骨盤底筋を鍛える

骨盤底筋が弱くなってくると排便をするのが困難になっていきます。
骨盤底筋を鍛えることで排便がスムーズに行われるようになります。

いかがでしたか?
直腸性便秘は他の便秘と違い、原因が直腸や肛門の機能の低下などの側面を持っています。
ですから、これらの解消法を実施しても解消の兆しが見えない場合は病院で相談することも有効です。
放置して悪化しないために早めのケアで便秘症状を解消しましょう。

おすすめの乳酸菌

機能性表示食品「VITAL FROLA」バイタルフローラは生きた乳酸菌が腸を整えてくれます。RIZAPが開発した乳酸菌サプリでカラダの内側からキレイになりましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ