妊娠中に便秘薬(下剤)は飲んでもいい?妊娠中の便秘はラキソベロンやマグミットが効く?


なぜ妊婦になると便秘になるの?

妊娠中に便秘になる妊婦さんはたいへん多いです。妊娠前は便秘知らずだった方も妊娠中は便秘になりやすく、もともと便秘症の方は更に便秘ひどくなる場合も多いようです。

さて、なぜ妊娠すると便秘になりやすいのでしょうか。
便秘症の理由は個人差があるものの、共通した理由がいくつかあります。
妊娠中に便秘になる理由は大きく分けて2つあります。まずは、ホルモンの影響です。妊娠するとプロゲステロンという黄体ホルモンが多量に分泌されますが、このホルモンには腸の働きを抑制する作用があります。

また一説では、ホルモンバランスが変化することによって自律神経失調症の状態になり、神経伝達がスムーズにいかずに排便がとどこおるとも考えられています。

第2の理由は、おなかの赤ちゃんが大きくなることで子宮が腸を圧迫してしまうためです。これにより腸の幅がせばまって肛門付近で便が詰まったり、排便反射が鈍くなって排便しづらくなることがあるのです。

また、もともと便秘症の人はさらなる注意が必要です。妊娠中は今まで使用していた便秘解消薬が使えないので本当につらいですね。さまざまな原因が組み合わさって、より重い症状になることもあります。便秘になると排便時におしりが痛くなったり、排便時に出血するなどした場合、早く専門機関を受診した方がいいですね。便秘によって便がでないだけじゃなく、腹痛をともなったり、肌が汚くなったりするので、早めの対処が必要です。

妊娠中の便秘

妊娠中の便秘の症状をあげてみます。水分がすくなく、硬い便になります。出たとしてもころころとした便になり、肛門付近や肛門内に傷ができてしまいます。その傷を放っておくと痔になってしまうため、痔にならないためにも便秘の早期解消が大切ですね。

おなかが大きくなり腹筋もうまく使いづらくなるため、何日もお通じがない状態が続くことがあります。そのため赤ちゃんとはまた違うおなかの圧迫感に悩むお母さんも少なくありません。

普段の便秘であれば、ピンクの小粒の下剤を飲んですっきりすることもできるのですが、そのような速攻で効果のある下剤は妊婦さんにはNGのものがほとんどです。

「刺激性下剤」とされる便秘薬は、大腸のぜんどう運動を促すので即効性はありますが、その中の成分に子宮の収縮を引き起こす可能性がある成分が含まれています。
センナ、アロエ、アントラキノン系の成分が入った下剤は妊娠中は控える方がよいでしょう。
そういった成分が含まれるお薬は使用をなるべく控えたほうが良いでしょう。

お薬を服用する場合は必ず、かかりつけのお医者さんに相談の上、妊婦にも使用できる便秘薬を出してもらいましょう。妊婦にも使える便秘薬としては「ラキソベロン」や「マグミット錠・マグラックス」というお薬があります。また、座薬も使えるものがあります。

妊娠中もお仕事をしている場合は、朝ゆっくりできない、仕事中の便意を逃してしまう、などで落ち着いてトイレタイムをとれない場合が多いと、さらに便秘が加速してしまいます。

できるだけ、リラックスしてストレスをためないようにすることが便秘解消に効果があります。
お医者さんからのお薬と、生活の改善で便秘を解消していきましょう。

便秘解消するためには

病院に行けば薬を処方してもらうこともできますが、できるだけ日常生活の中で改善したいものですね。

食物繊維が多い野菜を取ることを中心に考え、「水分もたくさん摂取できる野菜スープ」「調味料としてオリゴ糖やハチミツを使う」などもおすすめです。また、便意を催しやすいのは朝ごはんのあとといわれているので、朝ごはんをしっかりと食べるようにしましょう。サプリメント、ヨーグルトを摂るのもいいですね。

血行を促進することで便意を促しましょう。あたたかい飲み物を飲んだり、お風呂で体を温めたりするのが効果的です。リラックス効果もあるため、ストレス発散にもつながります。また、臨月でもウォーキングやスクワットなど、軽い運動をするのがおすすめです。安産にもつながりますよ。

便意がなくても、毎日決まった時間にトイレに座る習慣をつけましょう。そのうち体が自然と覚え、便意もくるようになる可能性があります。トイレに行く時間は便意を催しやすい朝ごはんのあとがおすすめです。朝にゆっくりとした時間を取るために早寝早起きを心がけた方がいいですね。

解決方法はあくまで生活習慣の基本的なことなので、実践しても効果が出ないかもしれません。気持ち悪さや不快感、腹痛などの症状を伴う場合はお医者さんに相談してください。妊娠後期に入った頃から、便秘解消には積極的に取り組むようにし、出産前にはすっきりとした状態でお産を迎えたいものですね。

臨月に入って突然便秘になった方も、赤ちゃんがちゃんと大きくなっていると考えて、あまり悩まないようにしましょう。ストレスでさらに便秘が悪化してしまうので、出産兆候の一つだと考えてリラックスしながら過ごしてみてはいかがでしょう?

妊娠中であろうがなかろうが、先程あげたことを心がければ快便になるはずです。
また、マイペースに過ごすことが妊娠中や産後の便秘には一番だと思います。リラックスして出産までの妊娠期間を過ごしてください。

妊婦さんのためのオリゴ糖

産婦人科医専門医がオススメ!「快適スルン」は妊婦さんのためのオリゴ糖です。便秘解消にも効果的で、妊婦さんに必要な栄養素がたっぷり入っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ