便秘薬が使えない!妊婦さんが安心してできる便秘解消法

いきむのがこわい!妊娠中の便秘

妊娠すると、特に妊娠初期は便秘に縁がなかったのに便秘になってしまう人が多く見られます。
その原因には以下のような理由が考えられます。

妊娠時のホルモンバランスの変化

妊娠すると流産を防ぐ為に子宮の収縮なども抑える黄体ホルモン(プロゲステロン)が大量に分泌されるようになります。
この黄体ホルモンは胃腸の働きも抑制する為便秘が起こります。

つわりと食べ物の変化

妊娠初期はつわりで食べ物の好みが変わったり、胃腸の具合が悪くなる人も多く見られます。食べられる物が限定されてしまったり、水分以外欲さなくなってしまったり。その結果バランス良い食事をとる事ができず便秘になってしまいます。

運動不足による便秘

妊娠中はそれまでと同じ様に動き回る事は難しくなります。特に安定期に入るまでは、体も疲れやすくつわりなどで運動不足になりがち。
その結果便秘になってしまいます。

1日2リットルの水分補給

妊娠すると赤ちゃんにとって欠かせない羊水を子宮内に作る為に、大腸に蓄えられる水分も取られてしまいます。また赤ちゃんに送る血液量も増える為便秘になりやすいのです。
妊婦さんが1日に必要とする食事以外で摂取すべき水分量は、2リットルが目安です。

またこれ以外にも妊娠すると女性の体はどんどん変化していきます。
この変化に慣れるまでは戸惑い気付かぬうちにストレスを感じ、自律神経のバランスが崩れてしまい便秘がちになってしまう場合もあります。
なるべく無理をせずにリラックスして過ごすようにして便秘解消を心掛けましょう。

妊娠中の便秘症状と便秘解消法

では、妊娠中に酷い便秘になってしまうと、どんな事が起こるのでしょうか。
便秘が引き起こす症状を見ていきましょう。

つわりの悪化や吐き気が起こる

便秘になると大腸の中に溜まった便から腐敗ガスが発生します。このガスは吐き気を誘発し、つわりの胃腸トラブルと相まって辛くなってしまう妊婦さんも少なくありません。
また便秘でお腹が張ってしまい、更につわりが悪化するケースもみられます。

排便後に痔になってしまう

妊婦さんの8割近くの人が抱えると言われているのが肛門トラブル。痔です。
妊娠中に頑固な便秘になってしまい、無理をして排便をする事を繰り返した結果、痔になってしまう人も少なくありません。
もし痔になってしまった場合は、出産後も改善に時間がかかってしまう事も少なくないので、早めに医師に相談しましょう。

いきみで流産や早産、破水が起こる危険も?

普通にいきむ分には問題はありません。
しかし便秘が何日も続くと便が硬くなり、中々排便できなくなってしまいます。ガスがお腹に溜まり、苦しさから無理をしていきんだりすることで早期破水を引き起こすなど危険を孕んでいます。また無理にいきむ事で急に血圧が上がってしまい、めまいや失神を引き起こす場合がありますので注意が必要です。

また長期の便秘により大腸に溜まった便から発生する腐敗ガスは、血液に溶け込み血液をドロドロにしてしまいます。ドロドロとした血液は体内をうまく循環しにくい為、赤ちゃんへの栄養補給の低下にも繋がりかねません。

即効性のある便秘解消方法

上記で普通の状態の時と違って妊婦さんは便秘になりやすい理由を説明しましたが、妊娠中の便秘の解消は中々大変です。
ここでは妊婦さんでも取り入れやすい便秘解消の方法をご紹介します。

お茶や水で水分補給

朝起きたらコップ一杯の白湯を飲む習慣をつけましょう。妊婦さんは汗をかきやすくなるので、朝の水分補給は睡眠中に消費した水分を補給し、胃腸の動きを促します。
また水分を補給することで新陳代謝を促し、血液の循環もよくなります。

ヨーグルトなどの乳製品も効果的

乳酸菌は妊娠中に摂取しても問題はありません。また妊婦さんが腸内バランスを整える事で、赤ちゃんの腸内環境が整い免疫機能が向上すると言われています。腸内環境を整える事は、赤ちゃんのアレルギーやアトピー対策にも効果的です。
体調を見ながら過剰摂取に注意してヨーグルトなど乳酸菌を含む食品を摂りましょう。

スープなど水分や食物繊維が豊富な食事

つわりが落ち着いたら、バランスの良い食生活を心がけましょう。
特に妊娠中は安定期に入ると体重も増えやすくなるので、野菜中心のヘルシーな食生活に切り替える事で食物繊維を豊富に摂取し、便秘改善につながります。
またコンニャクや根菜類などはヘルシーで便秘改善に効果的です。積極的に採り入れて健康的な妊婦生活を送りましょう。

ウォーキングやエクササイズ、ヨガ

安定期に入り医師の許可が出たらウォーキングやマタニティヨガ、安産体操などで、無理のない範囲で健康的に身体を動かしましょう。
妊婦さんにオススメの運動は有酸素運動です。母体の血液循環が良くなる事で、赤ちゃんへ新鮮な空気を届ける事ができます。
しかしお腹の張りや気分が悪い時などは無理は厳禁です。必ず体調をみて取り組みましょう。
またお産は体力が必要です。運動をしている妊婦さんは、医学的に分娩にかかる時間が短いというデータもあります。

色々試しても中々解消されない場合は、妊娠中でも服用できるお薬もありますので無理せず産婦人科の先生に相談しましょう。

妊婦さんのためのオリゴ糖

産婦人科医専門医がオススメ!「快適スルン」は妊婦さんのためのオリゴ糖です。便秘解消にも効果的で、妊婦さんに必要な栄養素がたっぷり入っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ