妊婦のお腹が張る便秘がつらい!便秘薬に頼らない妊娠中の便秘解消法


妊娠してから便秘になってしまった…
この苦しさから開放されたい。など妊娠中の便秘で悩む人は少なくありません。
今日は妊娠中の便秘について三段階に分けてご紹介したいと思います。

便秘によって赤ちゃんに及ぼす悪影響

なんと妊婦さんの70%以上が悩まされている妊娠中の便秘。
中には妊娠する前には便秘になった事がなく、便秘がどのような症状なのか分からないという方もいらっしゃると思います。

毎日便が出ないからといって、便秘ということにはなりません。
便の量は食べたものの量と関係があるからです。
3日ほど出なくてもお腹が張るなどの不快感が出なければ便秘ではないということになります。

そこで便秘の症状についてまとめてみました。

  • お腹に不快感がある。張っていて苦しい
  • 便意はあるが固くて出てこない
  • 動物の便のようにコロコロした便がでる
  • 少ししか便が出なくて、出きっていない感じがする
  • 何週間も便が出ない

などの症状があります。
これらの症状を放っておくと肌荒れや冷え、肩こりや腰痛、むくみ、ストレスも溜まり、食欲不振などにも繋がってしまいます。
いち早く便秘解消するためにも知識を取り入れておきましょう。

更に便秘が酷くなると、お腹の赤ちゃんにも悪影響があります。

分娩の時に便が腸に溜まっていると、便により子宮が圧迫されて微弱陣痛になったり、赤ちゃんと一緒に排便してしまい、赤ちゃんが感染してしまう可能性もあるそうです。

お母さんの腸内環境が赤ちゃんにも引き継がれてしまうと、便秘や下痢になりやすくなったり、免疫力の低下にも繋がるので注意が必要です。

妊娠中に便秘になる原因

妊娠すると便秘になってしまう原因は、いくつかあります。
妊娠するとホルモンバランスが変化することや、子宮がどんどん大きくなることで腸が圧迫され便秘を引き起こしてしまいます。

ホルモンバランスについて

妊娠中は女性ホルモンの一つである黄体ホルモンの分泌が多くなります。
その影響から腸の運動機能が低下してしまい便秘を引き起こす原因となります。

さらに腸は自律神経と深く関係しており、妊娠中に感じやすくなるストレスが原因で腸の動きが鈍くなってしまうということもあります。
リラックス出来る時間を作り、ストレスを溜め込まないことで、副交感神経が働き腸の動きを活発にしてくれるとも言われています。

腸が圧迫されてしまう

赤ちゃんがお腹の中で成長するにつれて、子宮はどんどん大きくなっていきます。
それにより腸が圧迫され、圧迫されている部分の腸管が狭くなることで、便が詰まってしまい、排便を促す脳からの指令が鈍くなって便秘になってしまうという結果に繋がります。

水分不足からくる便秘

妊娠初期には経験する方も多いつわり。
つわりが原因で、食べ物が喉を通らなくなってしまったり、水分をとることすら困難になってしまう方もいます。
それにより、知らず知らずのうちに水分不足になり便秘が固くなってしまうことで便が出づらくなってしまうという結果になってしまいます。

更に人間は3食の食事から自然に1リットル程の水分を摂取していると言われています。
妊娠中のつわりの影響で食事が思うように取れなくなってしまったという方は、食事の回数を数回に分けるなどをして、しっかり食事をすることが大切だと言えます。
水分補給もこまめに行い、便を柔らかくして便秘解消に繋げていくことから始めてみると良いと言えるでしょう。

便秘解消するためには!

便秘解消するには、まず生活習慣の改善から始めましょう。

こまめに水分補給をする。

まず朝起きてすぐに水分補給をすることで腸を目覚めさせます。
空っぽの胃に水分を入れることで、水分の重さで胃が下がり腸を刺激します。
それにより腸の動きが活発になりますし、水分を吸収した便は柔らかくなりスムーズな排便に変わっていきます。

毎日決まった時間にトイレに座る習慣をつける。

朝食事を食べた後や、夕食後など、毎日同じくらいの時間帯にトイレに座る習慣をつけ、身体に排便の習慣を覚えさせましょう。
習慣がついてくると、毎日同じタイミングで便意がきます。

外出中、便意がきても我慢してしまったりすると便秘に逆戻りしてしまう事があります。
便意がきたら我慢せずにトイレに行くようにしましょう。

少しでも良いので運動する

便秘は運動不足の方がなりやすかったりもします。
腹部の筋力の低下なども理由の一つと言えるでしょう。
妊娠中、運動するのが大変だったりするので、軽くストレッチをしたり、ウォーキングをしたり、少しでも良いので体を動かす事を習慣付ましょう。

食事で便秘解消

よく耳にするのは、食物繊維や乳酸菌だと思います。
一番大切なことバランスのとれた食事を心掛けることです。
そこに食物繊維や乳酸菌を多く含まれる食品をプラスすることで便秘解消へと繋げましょう。

ヨーグルトや納豆

ヨーグルトや納豆には乳酸菌がふくまれているため、腸内環境を整える効果があります。

オリゴ糖

オリゴ糖は腸内のビフィズス菌を増やし、腸内の動きを活発にしてくれます。
ヨーグルトや飲み物に混ぜても良いですし、熱にも強いので色々なお料理にも使用できます。
体への影響も少ないので、妊娠中でも安心です。

ハチミツ

ハチミツのオリゴ糖・グルコン酸という成分が、腸の善玉菌を増やす働きがあります。
ストレス緩和などの効果もあり、栄養価も高いので、つわりの時期にもオススメです。

さつまいも、長芋、じゃがいもなど

食物繊維、ビタミン、ミネラルを多く含みます。
じゃがいもからはビタミンcも摂取することが出来ます。

ごぼう、かぼちゃ、ブロッコリー、レンコンなど

食物繊維、ビタミン、ミネラルはもちろんのこと、葉酸、鉄分、カルシウムなど、妊娠中に必要な成分も含まれています。

アボカド、リンゴ、柑橘類など

栄養素が高く、アボカドには水溶性と不溶性両方の食物繊維が含まれているのでサラダなどにして摂取すると良いでしょう。

きのこ類

きのこ類には食物繊維が豊富に含まれているほか、カリウムも多く含まれているので余計な塩分を排出してくれる働きをし、浮腫を取ってくれるなどの役割をします。

きなこ

きなこには食物繊維とオリゴ糖が含まれています。
栄養価が高く、消化が良いです。
腸の働きを促進させると言われている、牛乳やヨーグルトに混ぜて摂取すると効果が上がりそうです。

このように、食べ物や飲み物、運動などを意識して少しずつ改善していくことで便秘解消に繋がっていきます。

体質によって合うものが異なってくるので、自分に合った解消法を見つけて、それを継続していくことが大切です。

たくさんの人が悩む妊娠中の便秘。
症状が辛い時は我慢せずに医師に相談しましょう。

妊婦さんのためのオリゴ糖

産婦人科医専門医がオススメ!「快適スルン」は妊婦さんのためのオリゴ糖です。便秘解消にも効果的で、妊婦さんに必要な栄養素がたっぷり入っています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ