高齢者の便秘の原因は?食事や生活習慣を見直して症状を改善しよう


リスク倍増!?こわい高齢者の便秘!

皆さん、毎日のお通じは快調ですか?
食事をし、快適に排出する。
誰しもが知っていますが、これは健康の基本であると言えます。

しかし皆さん、知っていましたか?
年齢とともに便秘になるリスクはどんどんと上がっていってしまいます。
年齢とともに高くなってしまうという、その便秘になるリスクはどれくらい上がってしまうものなのでしょうか?

実は30代と60代では便秘になるそのリスクは約2倍に増えてしまうと言われています。
つまり、たとえ今まで便秘に無縁の生活をしていたとしても、今までと同じ生活をしていると、年齢を重ねるごとに便秘になる可能性が増えていってしまうという事なのです。

もちろん若くても便秘症状に悩まされている方は大勢おられます。
毎日快調で便秘なんて経験したことがない!なんて方の方が少ないのではないでしょうか?
それなのに高齢化すると、さらに便秘になるリスクや便秘が重症化してしまう可能性が上がってしまうなんて。
実に恐ろしい事実ですね。

だからと言って生活パターンや習慣をやみくもに変えることなどできますか?
私にはそんな自信はありません・・・。
しかし、詳しい症状や原因、そして対応策や解決法を知ることができればどうでしょう?
高齢による便秘の症状と、その原因を把握することにより、便秘のリスクを減らしたり、重症化を食い止めることもできるはずです。

高齢者の便秘はなぜ起こる?その原因とは

何といっても一番の要因は筋力の衰えです。
年齢とともに筋力は衰えていってしまします。
筋力だけでなく内臓の働きも衰えていってしまいますね。
すなわち、排出するために必要な腹筋と腸のぜん動運動、両方の機能が衰えていってしまう事が高齢者の便秘の大きな原因となっています。

そして、次に考えられる要因は食事量の減少が考えられます。
やはり入ってくる量が少なくなると腸を刺激しぜん動運動を促す要因が減ってしますので排便回数は少なくなりがちになります。

入ってくる量が少ないなら排便回数も少なくていいのではないか?と思われるでしょうがそう簡単な事でもありません。
やはり、排便は1日1回スッキリとあることが理想です。

なぜなら、食物が腸の中にある時間が長ければ長いほど腸内での腐敗は進みます。
腐敗が進むと腸内は悪玉菌優位の状態になってしまします。

悪玉菌優位の状態が長く続くと便秘が重症化するばかりではなく体の不調の原因となってしまいます。

体のだるさ、睡眠不足、肌荒れ、疲れが取れないなどの日常生活の不調だけでなくポリープや大腸がんになるリスクもぐんと高くなってしまうのです。

そして食事量の減少とともに水分も不足しがちになる事も便秘を誘発させる原因になりますよ。
尿漏れや頻尿の不安から極端に水分を制限したりしていないでしょうか?
適度な水分補給は便秘の観点からは大切なことだと言えます。

そして常飲している薬も便秘を誘発するものがあります。
抗生物質や抗うつ剤は便秘症状を引き起こす可能性があると言われています。

最後の要因としては運動量の低下があげられます。
高齢になると体を動かすのも億劫になり運動なんてとてもとても!!という方も増えてくるのではないでしょうか?
その行為があなたの便秘を引き起こしているのかもしれませんよ。

日々の生活を見直す!高齢者の便秘の解消方法

まず、食生活を見直しましょう。
若いころと同じように思っていてもだんだん食べられる量は限られていってしまいます。

限られた量の限り暴飲暴食するのではなく質の良い食事を心がけましょう。
やはり、便秘を解消するのに効果的なのは食物繊維と乳酸菌です。
オリゴ糖なんかもいいですね。

毎日、少しずつでもいいので食物繊維や乳酸菌の入った食べ物を摂るようにしましょう。

乳酸菌はぬか漬けなどのお漬物などからも摂取することができますよ。
サプリメントで摂ることも有効な手段です。

水分補給もこまめに行うことが大切です。
気になる尿漏れや夜間頻尿などは一度に飲む量と、飲む時間帯を考えれば随分と違うはずです。

こうしてほんの少し毎日の食事に気を付けることで便秘症状を改善したり、重症化を避けることができると言えるでしょう。

そして毎日の軽い運動を習慣化しましょう。
決してハードな運動をする必要はありません。
自分に合った運動をチョイスし毎日地道に続けるようにしましょう。

そうする事で血流がアップし内臓が刺激され腸内のぜん動運動が助けられます。
衰えていた筋力のさらなる低下も予防でき一石二鳥ですね。

次に重要なのは毎日同じ時間帯にトイレに行く習慣をつけましょう。
最初は出なくても構いません。
1回2,3分、長くても5分までにとどめ、長時間トイレに居座るのは避けましょう。
出ないようならまた次の機会に。
その理由は、長時間トイレに居座る事で反対に出にくい体質になってしまう事もあるからです。
こうして毎日の習慣にする事でより出やすい環境に持っていけるはずです。

まとめ

高齢者のみならず便秘症状は慢性化、重症化する前に対処し解消することが大切です。
便秘症状の改善は日々のケアや心がけで随分と違います。
安易に便秘薬に頼らず、まず自分でできることから始めていきましょう。

おすすめの乳酸菌

機能性表示食品「VITAL FROLA」バイタルフローラは生きた乳酸菌が腸を整えてくれます。RIZAPが開発した乳酸菌サプリでカラダの内側からキレイになりましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ