生理前になると便秘に悩む方必見!便秘の原因とその解消方法は?

黄体ホルモンの影響で便秘になりやすい

女性は生理があったりして定期的にホルモンバランスが変化します。女性は、排卵後から月経前までは、その時期多く分泌される黄体ホルモンの影響で腸の蠕動運動が弱くなります。

つまり、その時期はどうしても便秘になりやすくなってしまいます。
生理のたびに便秘になったりして苦労するなんて人もいるのではないでしょうか?

また、日本人の男性よりも女性の方が腸が長い傾向があり便秘になりやすいともいわれています。

そのうえ一般的に女性のほうが筋力が弱いため、胃下垂や内臓下垂がおこりやすいようです。

下垂した臓器に腸が圧迫されると便秘になりやすいのです。
また、筋力が弱いこと自体が腸の運動が鈍くなる原因になるといえます。
また、腹筋が弱いことで便を押し出すことができずにますます便秘がちになってしまいます。

さらに便秘がちな方は同時に痔にもなりやすくなります。痔になってしまうと痛みで上手く排便出来なくなってしまったりと便秘の悪循環に陥ってしまいます。

あとは、運動不足だと腸が刺激されないのでこれも便秘の原因の一つといえます。

あとは、妊娠や出産をきっかけに便秘になってしまったなんて方もいるのではないでしょうか?
妊娠中はお腹に力をいれずらかったり、出産後は腹筋が落ちてしまったり、肛門括約筋にダメージがあったり、授乳中で水分不足になってしまっていたりと、色々な理由から便秘になりやすい状態にあるといえます。

便秘解消するためにはこのような原因を一つずつ取り除いていくしかありません。

激痛を伴う腹痛や腰痛

女性の便秘は色々な症状を引き起こしてしまいます。
まずは、腹痛です。便が溜まって腸が圧迫されたり、悪臭のあるガスが溜まることで腹痛がおこります。

女性の便秘で多いのが食欲不振を伴っているケースです。
便秘になるとお腹が張る、お腹が張ると一種の腹部膨満感を与えて食欲不振となる、食欲不振になると食べる量が減りまた便秘になる、といった便秘と食欲不振の悪循環を繰り返してしまうケースもあります。

便秘などでお腹が張る症状、膨満感を感じる場合があります。
腹部膨満感は、便が溜まっているだけでなく、腸内の悪玉菌によって作られる有害成分を含むガスも腹部膨満感の原因となっています。
体がだるい、体が重い、動く気力がないといった倦怠感がでることもあります。

女性の場合、便秘が原因で掃除、洗濯やお料理などの家事をしたくないといった経験があり方もいるのではないでしょうか。

便秘がひどいと腰痛が起きることがあります。女性の腰痛のほとんどは、便秘や宿便が原因であるといわれています。

便秘になりますと腸に溜まった便やガスなどにより腹部が圧迫されます。腹部が圧迫されますと、血液の流れが悪くなり、血行循環の悪化により腰痛になるとされています。

あとは便秘になるとイライラしてくるとこがあります。1日、2日、3日と排便がない日が続きますと、段々とイライラ感が積ってきます。イライラ感が現れる原因としては、便秘によって自律神経機能が乱れ、それによりイライラ感といった精神神経的な症状が現れると考えられます。

便秘になりますと体臭もきつくなります。他人の臭いは感じても、自分の臭いについてはなかなか気付かないことも多いです。

体臭と同様に、口臭についても女性の便秘の症状として挙げることができます。便秘の人は、口臭がきつくなります。

女性が最も気になるのが便秘をしたときの肌荒れではないでしょうか。肌荒れには、乾燥肌、ニキビ、湿疹、吹き出物などさまざまな症状がありますが、これらの症状は全て便秘と深い関係があります。

肌荒れの初期の症状である肌のくすみやざらつき感、お化粧のノリが悪くなったと感じたら、積極的に便秘を解消することが大切です。

そのまま放置してしまいますと、お肌の荒れがより一層悪くなります。美肌のためにも、積極的に便秘や宿便を解消しましょう。

頑固な便秘で腸内に食べた物(腸内容物)やガスが溜まりますと、腸内容物が十二指腸や胃に逆流し、その刺激によって吐き気が起きる場合があります。また、その刺激が強くなりますと、嘔吐してしまうこともあります。

生理になると起こる便秘

辛い症状を引き起こす便秘ですが改善するにはどうしたらいいのでしょうか?

便のもとは食べ物なので、便秘の改善には、まず食事内容の見直しが肝心です。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく

ひどい便秘を解消するには、食物繊維が豊富に含まれている食材をきちんと摂りましょう。

食物繊維には、不溶性のものと水溶性のものがあります。不溶性食物繊維は、穀物、根菜などの繊維質の多い野菜や、豆類などに多く含まれています。
水に溶けずに水分を吸収して膨れ、腸管を刺激して腸のぜん動運動(消化管などの臓器の収縮運動)を高める働きをします。

水溶性食物繊維は、果物、海藻類などに多く含まれます。
水に溶ける性質があり、食品の水分を抱き込んでゲル状の便を作ります。その結果、便は柔らかくなります。

水溶性と不溶性の両方をバランスよく摂取することで、出やすい便になるのです。

ただし、腸が緊張状態にあるタイプ(痙攣性)の便秘の人が不溶性食物繊維を摂り過ぎると、よけいにお腹が張って症状が悪化する場合があるので注意が必要です。

ちなみに、1日の食物繊維摂取量の目標は、18歳以上で男性が19g以上、女性が17g以上とされています。

水分不足と油分不足も便秘の大敵!

また、日本人の便は7~8割が水分といわれています。
水分不足は便秘に大きく影響しますので、こまめな水分補給も大切です。

油分を摂るのもおすすめです。油分を控えると、便のすべりが悪くなることがあるからです。ダイエットなどで油の摂取を控えている人に便秘が多いのは、こうした理由もあります。

エキストラバージン・オリーブオイルは、主成分のオレイン酸が腸の動きを活性化させるので積極的に摂るようにすると良いでしょう。
毎朝大さじ1杯のオリーブオイルを飲むといいとされています。

腸内フローラを育てよう

腸内環境をよくするために、善玉菌を増やす食材である漬物などの醗酵食品、チーズやヨーグルトなどの乳酸菌、生野菜に含まれる酵素なども積極的に摂るよう心がけましょう。

最近では腸内フローラを整えると便秘解消によいと話題になり、乳酸菌のサプリメントも様々な種類が発売されています。
こういったものを活用してみるのも一つの手段です。

腹筋・ストレッチで腸の動きを活発化!

女性はもともと筋肉量が少ないので、便を押し出す力が弱くなりがちです。腹筋を意識した運動を日常に取り入れましょう。ウォーキングをする場合は、下腹部を凹ませて力を入れて歩くことで、腸に刺激が伝わり、ぜん動運動が促進されます。

深呼吸しながらの軽いストレッチも効果があります。
背中からわき腹を伸ばすようなストレッチや体側を伸ばすストレッチは、自律神経を整える効果が期待できるとされています。
夕食後に行うと、睡眠時の腸の働きが活性化するのでおすすめです。

睡眠不足とストレスも便秘の原因

不規則な生活は便秘の大敵です。規則正しい時間に食事をする、睡眠時間を十分にとる、ストレスをためない生活を心がけましょう。

排便に関係する副交感神経は0時過ぎに活動のピークを迎えるため、腸のぜん動運動を促すには0時には眠っていることが理想的と言えます。

夜型の生活をしている方は朝型に切り替えましょう。また、朝に水を1杯飲むことで、腸のぜん動運動が誘発されやすくなります。

冷水は弱った腸には大敵なので、白湯か常温水で試してください。ひどい便秘は、こうした日々の積み重ねによって解消につながります。すぐには改善しないかもしれませんが、少しずつ改善していきましょう。

おすすめのサプリメント

月のお悩み月経前症候群・PMSケア・サプリメントは月経前症候群(PMS)にお悩みの方におすすめのサプリメントです。毎月の女性の悩みをハーブのちからで乗り切りましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ