便秘薬、下剤を使い続けるとどうなるの?便秘薬(下剤)に頼らないで便秘解消!

女性に特に多いと思われる便秘。便秘で困っている方は1度や2度、もしくは常習で便秘薬を使った事があるのではないでしょうか?
便秘解消のために一時的に薬に頼ることは悪いことではありません。

ただ、下剤は一度使うとすっきりしてクセになってしまうこともあるので使い方には注意が必要です。

そして、便秘を根本的に治す薬ではないことを知っておきましょう。

便秘薬は、大腸で行われる蠕動運動を強制的に促します。
通常、腸で自然に起きるはずの蠕動運動ではなく、便秘薬の力で運動が起きているので、腸は働かなくてもよい状態です。

毎日、便秘薬を使うようになると、腸が「動かなくてもいいんだ!」と思ってラクをしてなまけてしまい、便秘薬による刺激がないと出ない体になってしまいます。

腸の働きがどんどん弱り、腸が硬くなって自然な蠕動運動が起こりにくくなります。薬も効きにくくなるので、次第に薬の量も増えていってしまうのです。

こうなってしまうともう薬なしの自然な排便が難しくなり、毎日便秘薬を使わなければ排便ができなくなってしまうのです。

また、下剤の弊害として、おそろしいことに便意がなくなってしまう、ということがあります。
便意が消失してしまうとどうなるかというと、直腸に便が入っても脳に指令がいかなくなり、そして直腸に便がどんどんたまります。

便意を感を感じないので排便は行われないのですが、腹部の膨張感や痛みは感じます。お腹がはって苦しいのに便意がない、というとてもツラい状態です。

この症状が苦しいので、解消するためさらに下剤を服用する、という悪循環におちいってしまうのです。

便秘薬をやめたい!

できれば使いたくない便秘薬ですが、長期的に使い続けている人が急にやめるというのは不可能に近いでしょう。おそらく間違いなく便が出ません。

まずは、バランスの良い食事や運動などを行いながら、少しずつ便秘薬を減らしてやめて行くのがよいでしょう。

時間はかかりますが、便秘薬なしで排便できるようになるまであきらめずに自分の腸を整えて行きましょう!

おすすめの乳酸菌

機能性表示食品「VITAL FROLA」バイタルフローラは生きた乳酸菌が腸を整えてくれます。RIZAPが開発した乳酸菌サプリでカラダの内側からキレイになりましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ