腸閉塞(イレウス)とはどんな病気?便秘によって腸閉塞が起こることも!


便秘は万病の元。
ここの言葉、聞いたことがあると思います。

便秘症状は誰でも1度は経験したことがあるでしょう。
ですから、皆さん便秘に対して病気という意識はほとんどないと思います。

しかし便秘が原因で腸閉塞が起こってしまう可能性があるとしたらどうでしょう。
もうたかが便秘、なんて言ってはいられませんね。

ではなぜ便秘が原因で腸閉塞が起こってしまうのでしょうか。
その症状、原因や予防策、対応策まで詳しく考察してみることにしましょう。

そもそも腸閉塞って一体何?

ではその腸閉塞とはどのような病気なのでしょうか。
腸閉塞は腸の中身が何らかの原因により通過できなくなり腸液やガス、便が腸内でたまってしまう事で起こります。

便が通過できないわけですから排便やガスが出なくなり腹部膨満感、腹痛、嘔吐などが起こります。

まれに急激な症状悪化、重篤な全身症状が起こる事もあるので早期の処置が必要です。

腸閉塞には腸管がふさがってしまう機械的閉塞と腸のぜん動運動が低下する機能的閉塞(麻痺性閉塞とも言います)の2種類があります。

機械的閉塞

ヘルニアや開腹手術によって起こる腸の癒着が原因です。
腸の癒着でねじれや折れ曲がりが起こり腸閉塞が起こります。
また腫瘍などで腸管の内部が塞がれてしますことでも起こります。

機能的閉塞

腸のぜん動運動をつかさどる神経のバランスが崩れたり炎症が起こってしまう事が原因で起こります。

腸のぜん動運動が止まってしまう事が原因で腸の内容物が肛門へとスムーズに移動できない事から腸閉塞が起こってしまいます。

この様な原因から起こる腸閉塞ですが発症してしまうと激しい痙攣性の腹痛が起こります。

この腹痛は通常のものと違い非常に激しいものです。
この腹部激痛とともに、腹部膨満、便秘、発熱,頻脈などが起こります。

ひどい時には便のような汚物を吐くこともあります。
腸内では溜まったガスが排出も吸収もされず、便、胃液、腸液などの消化液とともに溜まり腸管が膨らんでいきます。

便秘が原因の腸閉塞とは

さて、先ほど腸閉塞の説明をしましたね。
では便秘が原因での腸閉塞のメカニズムとはどういったものなのでしょうか。

便秘状態が長く続くことによりどんどん腸のぜん動運動は鈍くなっていきます。
便が長く腸内にとどまると便が硬くなりさらに腸内をふさぐことになってしまします。

腸管が便でふさがれ便や胃液、腸液、ガスなどが腸管に溜まっていくとどんどん腸閉塞が起こりやすい状態になっていってしまうのです。

腸閉塞の症状は突然現れます。
腸が詰まった瞬間、激しい腹痛と吐き気嘔吐が起こるのです。

激しい痛みが起こったらしばらくすると和らぐと言ったような腹痛が規則的に起こります。

この痛みの規則性は腸のぜん動運動に影響を受けています。
この痛みは疝痛発作と呼ばれるものです。

腸閉塞の診断と治療方法とは?

腸閉塞の診断検査はX線、超音波、CT検査などで行います。
絞扼性腸閉塞と区別するため丁寧に検査します。

絞扼性(こうやくせい)腸閉塞とは腸自体がねじれたり圧迫されるだけでなく、腸に栄養を送ったり、酸素を送ったりする腸間膜という血管も同時に圧迫、ねじれることで血流障害を起こしたものです。

この絞扼性腸閉塞は早期に手術がしないと最悪死に至る危険な病気です。
手術が必要な絞扼性腸閉塞でなければほとんどの場合保存的治療で治療します。

絶食、点滴のみで胃腸を休め様子を見るのです。
病状が重篤な場合、腸の張りがどんどん進行していく場合などは鼻から胃や腸まで管を通し嘔吐の元となっている胃や腸の内容物を体外に排出させます。

これで腸の張りが収まれば症状は回復方向に向かいます。
この処置の目安は2週間で、その期間に回復するかどうかで次のステップに進むかどうかが決まります。

腸閉塞の治療では基本的には開腹手術は行いません。
腸の癒着によりさらなる腸閉塞になりやすい状況を作らないようにするためです。

しかし、先ほど述べたイレウス処置でどうにもならなかった場合開腹手術が行われるのですがこれもなるべく避けたい処置ではあります。

腸閉塞を何回も繰り返してしまう結果に繋がる可能性ができてくるからです。

基本的な治療は絶食して胃や腸を休ませること、そして腸のぜん動を促し腸の活動を取り戻す事なのです。

便秘が原因で腸閉塞が起こってしまうって本当!?まとめ

いかがでしたか?
便秘が原因の腸閉塞についてご理解いただけたでしょうか。

便秘はただの不快症状という訳ではなく恐ろしい病気を引き起こす原因や温床になる事はご理解いただけたでしょうか。

2週間もの入院や最悪開腹手術まで行わなければならない腸閉塞。
激しい痛みや吐き気だけでなく、最悪死に至るなんて!!

絶対避けなければなりませんね。
この腸閉塞になってしまうリスクを少しでも少なくするために便秘症状は早めに解消するように努めましょう。

おすすめの乳酸菌

機能性表示食品「VITAL FROLA」バイタルフローラは生きた乳酸菌が腸を整えてくれます。RIZAPが開発した乳酸菌サプリでカラダの内側からキレイになりましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ