便秘に効果的な「乳酸菌」「善玉菌」を増やすには?悪玉菌が多いとどうなる?


yogurt-387454_1280

腸内には善玉菌悪玉菌が住みついています。
なんとなく、聞いた事があるかもしれませんね。
善玉菌と悪玉菌は同じ腸内細胞です。
その数は約100兆個!種類はなんと100~120種類もあるそうです。

人によって差はあるものの、総数にはあまり変わりなく一定で、色んな種類の細菌が増えたり減ったりして存在しています。

善玉菌の働きは腸内を酸性にし、外から襲いかかる有害な菌をやっつけたり、免疫力を高めてくれます。普段は上手く悪玉菌をおさえていてくれます。

主に善玉菌と呼ばれているのが「乳酸菌」などの菌です。
人間の腸内に住んでいる乳酸菌は、ビフィズス菌、アシドフィルス菌、フェカーリス菌などがあります。
健康でいるためには腸の中に善玉菌がたくさん生息していることが大事なんです。

乳酸菌が少なくなって行く理由としては、「加齢」「ストレス」「食生活」「生活習慣」があげられます。

加齢は誰にでも起こるものですし、ストレスなども現代では避けて通れないものです。大丈夫と思っていても気をつけておかなければなりません。

悪玉菌は腸内を腐敗させたり、発がん物質や毒素のある有害物質を作り出します。
身体の抵抗力を弱め、下痢や便秘を引き起こします。また、腸内をアルカリ性にしていきます。

しかしこの悪玉菌も食物繊維を分解してくれるなど、人間にとって重要な役割を果たします。こちらもなくてはならないものです。

善玉菌と悪玉菌、このふたつの菌がバランスよく存在している時に腸内の健康が保たれるのです。

ただ、現在のライフスタイルではこのバランスがくずれがちです。
現在便秘で悩んでいる人は善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまい、善玉菌が少なくなっている可能性があります。
乳酸菌をしっかり取って便秘解消につとめましょう。

おすすめの乳酸菌

機能性表示食品「VITAL FROLA」バイタルフローラは生きた乳酸菌が腸を整えてくれます。RIZAPが開発した乳酸菌サプリでカラダの内側からキレイになりましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ