腸内フローラとは何?食事での増やし方は?便秘を改善させる腸内細菌のバランス。


腸の中にお花畑?の不思議

このところ話題になっている「腸内フローラ」というものをご存じでしょうか?

腸内にはたくさんの細菌がいます。これらの腸内細菌は100種類以上、個数は約100兆個にもなると言われています。
これらの細菌が腸内に壁面をつくり、種類ごとにまとまって生息しているのが、まるでお花畑のように見えるということで「腸内フローラ」と呼ばれています。

b6267d6da91cbd587264acf92cce56aa_s

腸内フローラ、つまり人の腸内に住んでいる最近の種類は1人あたり数百種、同じ顔の人が2人といない様に、その構成は食習慣や年齢などによりひとりひとり全く違います。

腸内菌は大きくわけると、乳酸菌などの善玉菌とウェルシュ菌などの悪玉菌、その中間の日和見菌(ひよりみきん)に分ける事ができます。

自分の腸内でこの3種類の菌が激しい生存競争を繰り広げていると感えるとなんだか不思議ですね。

この腸内フローラは善玉菌を優勢に保っておくと、病原菌の定着の阻害したり、免疫系の活性化、ビタミンの生産など健康によい方向に作用します。

逆に悪玉菌を増えると有害な腐敗物質発がん性物質を生産します。

人の健康と密接な関係のある腸内フローラですが、善玉菌を優勢に保っておく事が大事です。

健康な人は善玉菌が悪玉菌を抑えて腸内フローラのバランスが取れているのですが、バランスが悪くなり、悪玉菌の方が多くなってしまうと有害物質が増えて、くさいオナラや便秘の原因になります。

老化促進や癌などの原因になることも

腸内フローラの影響はがんや糖尿病などの病気、肥満や肌のシワまでにも及ぶと言われています。

また、腸内フローラのバランスが崩れると、ドーパミンやセロトニンなどの「幸せ物質」を脳に送れなくなるることから、うつ病のような心の病気にも関連があるとみられています。

免疫機能を調整する作用もあるので、花粉症各種ののアレルギーを抑制する効果が期待されています。

体に様々な影響をもつ腸内フローラは常に善玉菌が多い方いいのですが、そのためにはどうしたらいいのでしょうか?

肉食を減らし、ジャンクフードや甘いものを控えめにし、バランスのとれた食事でビタミン・ミネラル・食物繊維を十分に摂るといった、健康によい生活を送ることが大事です。

4783164179_8e28c08a82_b

また、過度のストレスや、運動不足、睡眠不足も大敵です。
ただ、現代の生活ではなかなかすぐに改善することが難しいですよね。
そもそもその生活ができていれば便秘になっていないかも・・・。

できるだけ健康的な生活を心がけながら、うまく発酵食品を取り入れたり、サプリメントを取ったりして自分の腸内フローラを育てて行きましょう。

おすすめの乳酸菌

機能性表示食品「VITAL FROLA」バイタルフローラは生きた乳酸菌が腸を整えてくれます。RIZAPが開発した乳酸菌サプリでカラダの内側からキレイになりましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ