食物繊維で便秘が悪化?水溶性食物繊維と不溶性食物繊維は組み合わせがカギ!


「食物繊維」で便秘が悪化?

常日頃から適度な運動にバランスのとれた食物繊維多めの食事、水分のこまめな摂取など便秘対策をしっかりやりつつも、なかなか改善されないしつこい便秘には頭を抱えてしまうものです。
もしかすると、良かれと思って食事に取り入れていた「食物繊維」に便秘を悪化させてあた原因があるかもしれません。
そこで食物繊維の特徴をみていきましょう。

食物繊維の主な働きと摂取によるメリット

便秘には食物繊維の摂取が良いと誰しも一度は耳にしたことがあるはずです。
食物繊維の主な働きは腸内でゆっくりと移動しながら、腸内に溜まった老廃物を吸収していくことです。そして腸内のぜんどう運動を活発にし、宿便の排出を促します。
その他、食物繊維には腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やす腸内洗浄の効果も期待できます。
腸内環境が整う事で吹き出物などの肌トラブルも解消され美肌効果も期待できます。便秘解消にはもちろんの事、美容やダイエットとは切って離せない関係の食物繊維なのです。

偏りがちな食生活をおくっている方も無理なく食物繊維が摂取できるようなサプリもネットなどで購入できるほどその注目度は高いのです。そのような背景もあって、健康的に便秘を改善するにはまず食物繊維の摂取から!と、思い込みがちですがこの食物繊維にメリットとデメリットがあることを知識にいれておかなくてはなりません。
便秘改善の役に立たせるはずが足元をすくわれてしまいます。しっかりと食物繊維の性質について学んでおきましょう。

食物繊維の摂取し過ぎに注意

素晴らしい効果が期待できる食物繊維ですが、その摂取方法を誤ると逆に便秘を引き起こすほか、身体に悪い影響を与えかねないのです。

食物繊維を多く含む食品を摂取すると、その膨張効果により満腹感が得られます。この事も含めてダイエットには食物繊維が良いと言われているのです。

しかしながら、この満腹感により本来必要な栄養素を摂取出来ずに食事が終わってしまうケースがあります。こうなってしまうともとも子もありません。
健康志向で取り入れていた食物繊維により食事のバランスを崩しかねないのです。食物繊維の摂取過多により栄養素が偏り便が硬くなって便秘になってしまいます。

長期による過剰摂取で栄養バランスが崩れ、その結果体調を崩してしまう事もあります。良いものであってもほどほどの摂取が良いのです。やり過ぎは禁物です。

その他、便秘解消効果を期待するにあたって個人の体質の関係もあり、合わないと悪化することもあります。

雑誌やネットなどの情報を鵜呑みにしてそのまま取り入れるのではなく、自分の体質や体調を考慮して無理のない範囲から体調をみつつ少しずつ取り入れてみるのがよいでしょう。
また、過剰な食物繊維の摂取により、必要な成分を排出してしまったり体内の水分の吸収作用により水分不足で便秘となることもあるのです。

そして、重要なのが食物繊維には2種類あるということです。これを知らずに偏った方法で食物繊維を摂取し続けると、効果が出ないほか、悪化してしまうケースも少なくありません。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維について

食物繊維繊維には2種類あります。それが「不要性食物繊維」と「水溶性食物繊維」です。これらの食物繊維を組み合わせて上手に摂取する事で腸内環境が整えられるのです。
不溶性食物繊維は主にゴボウや苳、カボチャなどの野菜類、大豆、ひよこ豆などの豆類、サツマイモやジャガイモなどの芋類、しいたけやえのき茸などのキノコ類に多く含まれています。不溶性食物繊維には膨張効果があるためこれらの摂取により、腸内のぜんどう運動が活発になり排出効果が期待できます。

しかし、お腹の具合が優れない時に不溶性食物繊維の過剰摂取をするとぜんどう運動の刺激が逆効果となり腹痛などの不快な症状など悪化しかねません。

便秘改善の為にと期待できそうなゴボウやサツマイモなど不溶性の食物繊維ばかりを過剰に摂取していたのでは腸内のぜんどう運動を促す刺激が強すぎて逆に不快に症状にみまわれる事もあるので注意が必要です。

一纏めに食物繊維といっても、各々の食材がもつ効能や効果をしっかりと頭に入れた上で取り入れなければメリットよりもデメリットが優位を占めてしまいます。

腸内で溶けにくい性質の不溶性食物繊維に対して水溶性食物繊維は主にワカメや寒天、ひじきなどの海藻類やバナナやキウイ、リンゴなどの果物類に多く含まれています。
文字通り水に溶ける食物繊維である水溶性食物繊維は、腸内をゆっくり移動しながら、溜まった老廃物を吸収排出してくれる働きがあります。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を上手く食事に取り入れることが便秘改善へのキーとなります。

しかしながら、食物繊維だけに注目するのではなく便秘解消には充分な水分補給とバランスの整った食事が大切なのです。

日頃からの生活リズムを整えて朝食を欠かすことのないようにするのもポイントです。朝昼夜の3度の食事をしっかりととったうえでの不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の組み合わせによる摂取が生きてくるのです。

おすすめの乳酸菌

機能性表示食品「VITAL FROLA」バイタルフローラは生きた乳酸菌が腸を整えてくれます。RIZAPが開発した乳酸菌サプリでカラダの内側からキレイになりましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ