頑固な便秘に浣腸を使っても大丈夫?イチジク浣腸の効果と副作用


頑固な便秘は浣腸でリセット!

頑固な便秘には浣腸!
私の母世代からはよくこのフレーズを聞きます。

しかしこの情報の溢れかえった時代、便秘薬や浣腸を使う事はあまりすすめられてはいません。
浣腸で無理やり便を出すことに何かリスクはないのか?

そんな風に考えてしまいますね。
では浣腸のメリットデメリットを始め、使い方や注意点などを詳しく考察していきましょう。

浣腸のメリット

では浣腸とはどのような便秘薬なのでしょう。
浣腸には即効性があります。

どれくらいの即効性かというと浣腸液を注入してから早くて3分から10分ほどで効果が表れます。
ですから排便のタイミングを自分で決めることが出来ます。

慢性の便秘の解消という面もですが時間に大幅な余裕がない時でも、どうしても排便したいという要望に応えることのできる便秘薬です。

出そうで出ない便秘を解消でき、通常の便秘薬よりもスッキリ出す効果があります。
これは浣腸に腸内を洗浄する効果があるためです。

さらに年齢にかかわらず使用できると言ったメリットもあります。
通常便秘薬は乳幼児には使用出来ないものが多く、浣腸はそのような乳幼児からお年寄りまで幅広く使用出来る便秘薬なのです。

特に排便のリズムがついていない乳幼児の便秘などは浣腸を用いての排便リズムを作ってあげる事は効果的なのかもしれません。

浣腸はこの様に正しく使うと通常の便秘薬より効果も即効性も高い便秘薬です。
使用は1週間に1回、多くても2回までにとどめ使いすぎや依存はしないようにしましょう。

浣腸のデメリット

メリットを知ると使用したくなってしまう浣腸ですが大きなデメリットも存在します。
まず、妊娠中に使用する事はできません。

浣腸に頼ってばかりの生活をしていると耐性がついてしまい効果が薄くなったり最終的には効果が無くなったりといった結果になってしまいます。

その上、浣腸の強烈な刺激を当たり前のように感じていると、それに慣れてしまい通常の便意は感じなくなってしまうという作用もあります。

浣腸癖がついてしまい浣腸なしでは出せない体になるばかりか、その浣腸もいずれ効果が無くなる様な体になってしまうのです。

他には直腸が過敏になってしまい、1日に何回も便意をもよおし下痢が続くという危険性もはらんでいます。

メリットの部分を上回るほどのデメリットがあるように感じられますね。
このデメリットを考えると浣腸の使用は最終的な手段としておくほうが良いと言わざるを得ないですね。

浣腸の副作用とは?

デメリットよりもさらに怖い副作用が浣腸にはあります。
この副作用は必ず頭に入れておいたほうが良いでしょう。

市販されている浣腸で一番有名なものはグリセリン浣腸です。
グリセリンは水溶性で腸内の便を柔らかくする効果があります。
人体にもほとんど影響ないものです。

しかし、過度の浣腸を続ける事により肛門を傷つけてしまい血中にグリセリンが
入り込んでしまう事があります。

この場合は最悪でグリセリンにより溶血が起こり、腎不全が起こってしまうことがあるのです。

他にも様々な浣腸で言われる副作用として腹痛、腹部膨満感、肛門付近の違和感などがあげられます。

美容家の間で流行っているコーヒー浣腸なども医学的には安全性の確定はされておらず危険な行為として位置づけされています。

デメリットよりも深刻な副作用ですね。
この副作用はやはり依存して過度に使う事から起こっているものです。

浣腸は効果が高いからこそ、副作用もあります。
何より正しく使用する事が求められているのです。

浣腸の使い方と注意点のまとめ

では浣腸のメリットとデメリットをまとめてみましょう。

浣腸のメリット

  • 即効性がある
  • 内洗浄効果により他の便秘薬よりスッキリ出る
  • 排便をコントロールできる
  • 通常薬を使えない年齢の乳幼児にも使用できる

浣腸のデメリット

  • 妊娠中は使用不可である
  • 便をすべらかにするため良質のオイルを摂取する
  • 便をすべらかにするため良質のオイルを摂取する
  • 便をすべらかにするため良質のオイルを摂取する
  • 便をすべらかにするため良質のオイルを摂取する

浣腸の副作用

  • グリセリン浣腸のし過ぎで肛門が傷付いた場合、腎不全が起こる可能性もある
  • 便意以外の腹痛が起こりやすい
  • 腹部膨満感を感じるようになる
  • 肛門に違和感があるようになる

浣腸には高い効果とだからこその副作用があります。
しかし、その副作用は使用する私たちの心がけ1つで回避する事も可能です。

メリットとデメリットを正しく理解し使用する事が大切なのです。
どうしても便秘が解消できない時、緊急避難的に使用する。
この事を守れば一番効果の高い便秘薬だと断言できます。

一番は薬に頼らなくても出すことのできる体作りをすることです。
浣腸は最終的な手段として心にとどめておきましょう。

おすすめの乳酸菌

機能性表示食品「VITAL FROLA」バイタルフローラは生きた乳酸菌が腸を整えてくれます。RIZAPが開発した乳酸菌サプリでカラダの内側からキレイになりましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ