善玉菌を増やすのは食物繊維!その効果と便秘解消のメカニズム

便秘が体調不良の原因にも

現代人の悩みの1つともいえる便秘ですが、特に女性の方は悩んでる方が多いのではないでしょうか。

便秘は病気とまではいませんが、放っておくとあらゆる病気を引き起こしてしまう可能性があるものなので、便秘の状態を長く続けてしまうというのはあまり良くありません。

腸の中は基本的に、とても温度は暑いところなので、食べ物がそこにずっと止まっていると、皆さんが普段出している生ごみをずっとそこに溜め込んでいるのと同じような感じになります。

腐敗が進んだと、メタンなどのあまりよろしくないガスを発生して、それが吸収され、全身に回ってしまうと、頭痛などの原因になることもあります。

その他にもいろいろな影響が出ますが、当然肌にも良くありません。
腸の中を常にきれいにしておくことで、体の調子も良くなるということです。

食物繊維を多く含んだ食べ物を摂ろう

食物繊維が、便秘解消に良いというのはよく聞く話ですが、なぜ良いのかというと、この食物繊維というのは、人間の体内に入ると、消化吸収されることがないので、基本的にはカロリーはない、ということになります。

昔は、吸収されないのだったら、食べても意味がないのでは、という意見が多かったのですが、時代とともにいろいろわかってきて、食物繊維は腸内のいらなくなった食べかすなどを取って、それを便にして排出するというとても大切な役割があることがわかったのです。

また、便の量を増やしてくれると同時に、いらなくなった食べカスが腸内にいる時間を短くしてくれる作用もあるので、腸の中で腐敗する時間も減ることになります。

そうすれば、余計なガスなども発生しますので、体全体にとっても、とても良いことです。

善玉菌を増やすには食物繊維を!

人間の、腸の中には、約100兆個の腸内細菌がいると言われています。
それだけのものすごい数の細菌たちが、腸に入ってきた食べ物の消化や吸収、排出などの働きを助けています。

100兆個というとものすごい数だと思ってしまいますが、腸内細菌は、私たちの目には全く見えないぐらい小さいので、このぐらいの量がいてもおそらく私たちにはその実感はないでしょう。

腸内細菌にも、2種類あって、善玉菌と悪玉菌が共存しながら住んでいます。
善玉菌に関しては、名前からも予想ができるように、私たちにとっては必要な菌です。

代表的なものは、ビフィズス菌や乳酸菌などがあります。
これは、皆さんが普段辞任している、チーズやヨーグルトなどに多く含まれています。

日本の発酵食品にも乳酸菌は含まれていますので、それらを食べることによっても、善玉菌を増やすことができます。

あえて挙げれとすると、味噌汁や、納豆などがあります。
便秘解消するには、この善玉菌を増やすのが良いと言われていますので、このような発酵食品を、日頃から積極的に、とるようにしましょう。
そうすれば良い結果が出るようになるでしょう。

また、悪玉菌をなるべく発生させないようにするには、なるべく消化の良いものを食べるようにしましょう。

比較的に消化の悪い動物性のたんぱく質や、加熱した肉などは、なるべく控えた方が良いです。
このように、日頃の食事の仕方で、便秘を解消することができるならば、やらない理由がありませんね。

トイレを我慢することで便秘が悪化

トイレに行きたいと思った時に、例えば家事をしていて、忙しいから後にしよう、とか、仕事をしていて、なかなか抜けられそうにないから今は我慢しよう、なんていうことは日常茶飯事のことです。

しかしこれが、人間の身体には良くありません。
本来なら、トイレにいきたいということは、便を出したいという司令が脳からきたわけですから、そのまま本能に従って、トイレに行くのが本当の姿なのです。

しかし現代の生活においては、なかなかそのようなことは難しいという側面があり、トイレにいきたくなったから、仕事を途中抜けだして行くなんていうことは、なかなかできませんよね。

しかし、できないからといって諦めるのではなく、周囲の人にも気を使うとは思いますが、なるべくトイレにいきたいという衝動に駆られたら、時間を空けずにトイレに行くことをおすすめします。

まずは我慢をなるべくしないということが大事です。
そうしないと、脳が我慢することに慣れてしまって、便秘の状態がさらに悪くなってしまうでしょう。

まとめ

現代の日本人の悩みの1つとして便秘というのが問題としてあります。
この便秘を放っておくと、体にあらゆる悪影響もおよぼします。

なるべく腸の中に便がある時間を減らすことがとても大切です。
トイレはなるべく我慢をせず、したいと思った時に行くのが人間としての本当の姿です。

現代社会ではなかなかそうもいきませんが、なるべく我慢をしない、という考え方が基本です。
野菜などの食物繊維のたくさんとることで、その食物繊維が、便の排出を助けてくれる役割をしてくれるので、食物繊維をなるべく摂るようにすることで、便秘解消することができます。

発酵食品を多くとることによって、乳酸菌などの善玉菌が増えるので、そのことによって腸内細菌のバランスが良くなり、便秘の解消に繋がることになります。
それと同時に、悪玉菌を増やさないような努力も必要になります。

おすすめの乳酸菌

機能性表示食品「VITAL FROLA」バイタルフローラは生きた乳酸菌が腸を整えてくれます。RIZAPが開発した乳酸菌サプリでカラダの内側からキレイになりましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ