子供の便秘はなぜ起きる?便秘薬(下剤)に頼らず治す方法と便秘解消にいい食べ物


心配な子供の便秘

子供の便秘はとても心配になりますね。
便秘解消のために何が原因なのか知っておきましょう。
小さなお子さんですと、お母さんやお父さんなどがトイレの回数から気づいてあげられる事もあるでしょうが、小学生くらいになるとそうもいきません。

そもそも子供の便秘というのは何故起きるかと言いますと、いくつかの原因がありますが、トイレトレーニングをしている幼児と小学生くらいになってくると、少し原因が違ってきたりします。

トイレトレーニング中の子供の場合、失敗によって怒られる、ということが一番多い理由だそうです。
失敗して怒られる。
怒られるのが嫌だから我慢する。
結果便が固くなって出そうにも出せない便秘になったりします。

幼児期のトイレトレーニングは、親も大変でしょうがなるべく怒らずにながい目で見て頑張りましょう。

さて、小学生くらいになってくるとまた違う理由が出てきます。
特に中々難しいのが、学校に行っている間の便意を我慢してしまうことです。
これは恥ずかしいことでは無いのだと教えても、周りからの囃し立てなどでどうしても恥ずかしくて出来ない、というお子さんが便秘になってしまいますね。
この場合は腹痛などによる便意以外を除いて、朝のうちに家で出来るように訓練することで回避できるかもしれません。
そのためには食物繊維が豊富な食事を心がけ、水分をジュース以外で採りましょう。
そして、朝少しだけでも早めに起きて、トイレに行く癖をつけましょう。
こうして、家で出来るようになれば無理に我慢をすることも減らすことが出来ます。

最後に、乳児の便秘ですが、これは離乳食を始めたばかりの時に起こりがちですが便が固くなってくることによって、踏ん張らなければならなくなりますが、そのやり方がわからない、とえう場合があります。
そういう時は肛門を湿ったガーゼなどで刺激してあげると大丈夫な場合があります。
ですが、乳児の場合は殊更に心配になるでしょうから、お医者様にかかることが一番かもしれません。

便秘に効く食材

腸内の環境が健康的な方というのは、極端な例ですと食事の度にトイレに行くという場合もあるようです。

やはり、子供の場合も腸内環境が乱れることによって便秘になるわけですが、元々小さなお子さんほど大人とは比べ物にならないくらい腸内環境は整っているんですね。

しかし、やはり、乳酸菌、食物繊維の豊富な食物と、適度な水分は便秘解消には効果があります。
そして、運動不足にならないことです。
昔から言われてきた玄米、ソバ、大豆、小豆などの穀物にワカメや昆布、寒天などの海藻類。ジャガイモやさつま芋などのいも類、他にもなめこや納豆などのネバネバした食物が便秘に効くと言われています。
もちろん、簡単に食べられるバナナなども食物繊維が豊富です。

水溶性食物繊維不溶性食物繊維があり、どちらも便秘に聞くものですが、水溶性は体内にで善玉菌の餌となり、腸内の環境を整える手伝いをしますし、不溶性のものは、便のかさましになります。

ですので、便秘でも食が細くて便が間を置いて出る方は不溶性食物繊維を。
たくさん食べるのだけど、便秘でおならがよく出るという方は水溶性食物繊維を多目にとってみると便秘解消に繋がりやすいと思います。

逆に程々にしておく食材は、ケーキやゼリー、甘いヨーグルトや、ポテトチップスなどです。
子供さんの多くが好まれるものでしょうが、たまのご馳走にしておく方が良いでしょう。

大人と違う子供の便秘

便秘解消と言うと、大人の話だと思っている方が多いですが子供たちのなかでも大きな問題になっていることです。

子供が便秘になった場合、大人と同じようなことをしてしまいがちですが、食生活を見直すことや運動不足を解消するなど全世代にとって大切なこと以外では少し違う面があります。

逆に下痢になる人もいるので、牛乳を飲ませれば便秘解消に良いのではないかと飲ませている場合もあるようですが、子供と大人では体内の乳糖分解酵素が圧倒的に違うので、牛乳で便が柔らかくなることはあまり無いので多飲するのはおすすめしません。

便秘になるというのは、体にとっても心にとっても良くないことです。
小さなお子さんの場合は体調不良に繋がることですし、小中学生になってくると、また違う問題も出てきます。

あまりに便秘が酷くなると食欲低下を引き起こしたり、自律神経の乱れにも繋がります。
思春期にかかってくると大人と同じで肌荒れや、いつもお腹が張っているような感覚を自分で自覚して無駄に悩んでしまったりもします。

大人と同じ悩みだからと言って大人と同じように問題に対処していける訳でもありません。

特に学校で我慢をするというのはデリケートな問題も関わってきたりしますので、普段からの食生活の見直しや、運動不足解消、見落とし勝ちな水分をきちんと取ることを意識して見ましょう。

あと、誤解されている方が多いのですが、野菜ジュースには食物繊維はほとんど含まれていません。
ですので、あまり飲ませていると、糖分のとりすぎによって甘いジュースを控えてる意味がなくなってしまいます。

ずいぶん長い間便秘になってしまったという場合は、あまりかたくなにならずお薬やお医者様にかかって気長に解消していきましょう。

常習してしまうようになるのが怖い、と思われる方は漢方薬のもので便秘にいいものはありますので、お医者様や、薬剤師さんと相談しながらゆっくり治していきましょう。

赤ちゃんやお子様におすすめできるオリゴ糖

赤ちゃんや小さなお子様にもおすすめ。トクホとして認められた確かな整腸効果で安心です。実力No.1の「オリゴのおかげ」をお手頃価格で購入できます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ