いつまでつづく?つらい産後の便秘。便秘解消に効果的な飲み物や運動はコレ!


どうして産前・産後は便秘になるの?

妊娠中や授乳中に繰り返される便秘に悩まされるお母さん達は沢山いらっしゃると思います。
特に産後は赤ちゃんのお世話に必死で、トイレに行く暇もなく過ごしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
肉体的にも精神的にもしんどい中での便秘だなんて、本当につらいですよね。
ではなぜ便秘は繰り返し起こってしまうのでしょうか。
その原因には、お母さん特有のさまざまな理由があるんです。
そこで今回は妊娠中、授乳中の便秘解消に向けて、便秘の原因や解消方法をご紹介させていただきます。
これを読んで実践していただき、マタニティーライフや子育てをより楽しく過ごしていただけたらと思います。
まず妊娠中の便秘の原因は下記のようなものが挙げられます。

  • ストレスによる自律神経の乱れ
  • ホルモンバランスの変化
  • 運動不足や筋力の衰え
  • トイレに行くタイミングを逃す

神的なものや体調が変化することにより、便意や腸の動きが鈍くなってしまうようです。
そして、これに加えて産後のお母さんは赤ちゃんへの授乳により、体内が水分不足になることで便がカチカチに固くなり、更に便秘がひどくなってしまうということも考えられています。
現在では赤ちゃんに影響のない便秘薬もありますが、妊娠中・授乳中はなるべく薬に頼りたくないと考えるお母さんも多いと思います。できれば、簡単に一刻でも早く頑固な便秘を解消したいですよね。
ではいったいどのような方法でしつこく繰り返される便秘を解消することができるのでしょうか。

手軽にできる便秘解消への道!

できればお金をかけず継続できる方法で便秘になりにくい体を作っていきたいですよね。
そこで下記のような方法を参考にしてはいかがでしょうか。

適度なウォーキング

適度に体を動かすことによって、腸が刺激をされ便意につながり、また運動不足も解消され一石二鳥です。
また産後は腹筋などの筋力が衰えているため、ウォーキングを行うことで筋力の回復が期待できます。
妊娠中や産後は運動不足になりがちですので、天気の良い日にお散歩に出かけてみるなど気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

食物繊維が豊富な食材を食べる

ひじきなどの海藻やごぼうやさつまいもなどの野菜は食物繊維が多く含まれる食材を食べましょう。
またヨーグルトやオリゴ糖に含まれるビフィズス菌は腸内の善玉菌を増やす働きがありますので、積極的に食事に取り入れることをオススメします。
またオリゴ糖は、母乳の成分の一つでもあり、オリゴ糖を摂取することによって、赤ちゃんにも栄養価の高い美味しい母乳を飲ませてあげることができます。

こまめな水分補給

授乳中は母乳を作ることにより体内の多くの水分が不足してしまいます。
そのため腸に充分な水分が行かずカチカチに固くなった便になり、便秘を招いてしまいます。
そこで、1日2〜3リットルの水分を補給することを心がけましょう。
また飲み物は砂糖を多く含むジュースやカフェインの入ったコーヒーはなるべく避け、水やお茶を摂取するようにしましょう。

自分でできる解消法とは?

上記に述べたように、便秘には様々な要因があり、これらを行ったからと言ってすぐに便秘解消と言うわけには行かないようです。

24時間年中無休で赤ちゃんのお世話に追われていると、自分のことは後回しになって、便意のサインも見落としがちになったりしますよね。トイレに行ったとしても赤ちゃんの泣き声が気になり、集中して排泄できなかった、なんていうケースもあるようです。

しかし、そこでずっと我慢をして過ごしてしまうと、頑固な便秘になってしまう恐れもあります。時々は赤ちゃんのお世話を家族にお願いし、自分だけの時間を作ってなるべくストレスを溜めないようにすることも便秘解消に繋げるきっかけのひとつだと思います。

また、酷い便秘の場合、腸に有毒なガスが溜まってしまい、母乳に直接影響が出てしまうといった場合があるようですので気を付けなければいけませんね。

その他、赤ちゃんのお世話によって毎日の寝不足生活からくる自律神経の乱れも便秘になる原因ですので、そのまま慢性的な便秘にならないために早いうちに正しい食生活や適度な運動によって腸内環境の改善につとめる事が大切だと思います。

また、お世話で忙しくこまめな水分補給が難しい場合でも、工夫して水分を摂取するようにしましょう。例えば、寝る前にコップ一杯の水を枕元に置き、夜中の授乳の度に口にするといった方法や、食事の際にお味噌汁やスープなどの汁物を多く食べるなどと言ったことで水分補給を行いましょう。

それでも便秘が改善しないと言った場合には、早めに産婦人科の先生に相談してください。
現在では市販の便秘薬でも、母乳に影響のがないとされている薬が売られています。
しかし一方で、中には乳児に影響が出てしまう成分が含まれている場合もあるので、薬局で薬剤師さんに相談して購入するか、産婦人科を受診するなどして、自己判断は絶対せずに自身に合った便秘薬を処方してもらいましょう。
最後に、子育てに日々必死で、「たかが便秘で…」と軽視しがちですが、赤ちゃんを育てるお母さんが健康でなければ、充分なお世話が出来ません。慢性的な便秘になる前に、腸内環境を整えて便秘解消を目指していきたいですね。

おすすめの乳酸菌

機能性表示食品「VITAL FROLA」バイタルフローラは生きた乳酸菌が腸を整えてくれます。RIZAPが開発した乳酸菌サプリでカラダの内側からキレイになりましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ