【自律神経失調症と便秘】ストレスにより自律神経が乱れると便秘に!漢方やツボが効果的


自律神経の乱れからくる便秘

突然便秘になるとお腹が重くなったり、めまいがしたり、だるくなったりした経験はありません
か?
あなたはもしかしたら自律神経失調症かもしれません。
便秘の種類も様々で、弛緩性便秘や直腸性便秘、痙攣性便秘、過敏性便秘等があり、その対処方法もその症状によって変わってきます。

そのため、自分自身がいったいどの便秘の症状に当てはまるのかを分析し、見極めることがとても重要です。
便秘はその症状の重さにもよりますが、基本的には自然に解消することができる病気なので、その症状にあった対処方法を見つけ、便秘解消に取り組んでいくことが、便秘を早く解消する秘訣なのです。

しかし、便秘の中にもしつこい便秘があり、どんなにヨーグルトを食べても腸内環境改善のためにどんなに野菜を食べても解消しない便秘があり、徐々に慢性化してしまう便秘があります。

そうした時には、何か別の原因があることを疑ってみてください。その病気として考えられるのが自律神経の乱れで、いわゆる「自律神経失調症」です。

自律神経失調症は、様々な症状が発症し、便秘・下痢・めまい・吐き気等があります。

こうした症状が起こってしまう原因としてあげられるのが、「ストレス」と言われています。
今の現代社会で生きる上でストレスは切ってもきれない関係であり、自分が予期しない症状が次から次へと起こる場合は、この病気をうたがうことが妥当です。

また「なんで便秘が治らないんだろう」「はやく便秘を治したい」等そんな不安感を抱けば抱くほど、そうした症状を悪化させてしまい、頑固な便秘となり、慢性化してしまう原因になってしまうのです。
それではいったい、そうした症状を改善するためにはどうしたらよいのでしょうか?

自律神経の乱れによる便秘の対処法1

まず第一にしなくてはいけないことが腸内環境の改善です。
おならが臭かったりするならば、腸内環境を改善するため、しばらく野菜中心の生活に切り替えるようにしていきましょう。

野菜には食物繊維や水分が豊富に含まれているので、腸内をキレイにする働きがあるので積極的に食べるよう心がけましょう。

また、その他にも、オリーブオイル等も腸内環境を整えるのにはとても有効な食材であり、オリーブオイルは、腸内を滑りやすくし、便をコーティングすることで、下へと流れやすくする効果があります。

様々な食材を活用することで、腸の働き(ぜんどう運動)も活発になり、排便がスムーズに行えるようになります。

腸内環境を整えるのに最も重要なのは、乳酸菌等の「善玉菌」です。
腸内環境が悪い場合は、悪玉菌が優位になっており、善玉を増やすことで腸の動きが改善されます。

ヤクルトやヨーグルトのBifix、LG32やR-1等のヨーグルトには、胃酸で死滅しにくい乳酸菌がたくさん含まれているため、定期的に食べることで乳酸菌が生きたまま腸に届く絶対量が増えて、腸内に善玉菌を増やすことができます。

もう一つのポイントは、「オリゴ糖」です。オリゴ糖はいわば乳酸菌のエサとも言われ、腸内にいる善玉菌に元気を与えをてくれる栄養源です。
ヨーグルトに混ぜこみながら一緒に摂取することで、善玉菌をいっそう元気にすることができ、悪玉菌と闘う善玉菌を増やすことができます。

オリゴ糖にも様々な種類があり、フラクトオリゴ糖やキシロオリゴ糖・大豆オリゴ糖・ガラクトオリゴ糖等、およそ10種類以上のオリゴ糖があります。
腸内に住む善玉菌と相性のよいオリゴ糖を摂取することでいっそう腸内環境を整えることができます。

自律神経の乱れによる便秘の対処法2

次に重要なのは、「運動や体操」です。最近あなたは運動不足になっていませんか?
運動は想像以上に重要で、便秘の原因には身体の筋力の低下によって腸の蠕動運動までも機能低下しているケースがあります。

腹筋等の筋力の低下によって、便を排出しにくい状態になり、便が停滞してしまうことで、その便の水分がなくなり、いっそう固形化することで、停滞してしまうのです。

さらなる時間の経過によって、アンモニアや硫黄等の有毒ガスを発生させ、血中にそうしたガスが流れ込み、めまいや貧血などがおこり、様々な症状が発症し、体調を悪化させてしうこともあります。

便秘解消するためには、ウォーキングなどの身体に負担をかけない範囲で運動をすることで、血行の流れも良くなり、便秘に対する改善効果が得られるようになります。
また、腹筋もある程度鍛えておくことで排便時に適切な腸内の腹圧を高めることができるので、排便力向上のためにも適度な筋力トレーニングが重要なのです。

ストレッチやマッサージも対処療法の一つです。お腹を円を描くようにマッサージすることで腸の機能の改善に効果があります。

手足にも腸とつながる神経が通い、つぼがあります。足の裏の中心から少し下の部分が腸の神経が集中しており、ここを刺激するのも腸の改善に役立ちます。

手の親指の下あたりも腸の繋がる神経が通っている場所なのでそうした箇所を刺激するだけで体調不良や身体の調子やこりが改善されます。

便秘で悩んでいる人にとって、注意しなくてはいけないのがで対処する行為です。便秘になった人の中ですぐに薬を使って出してしまう人が意外と多いです。

日常的に薬を飲む習慣がある人の場合、薬は意外なところで副作用が出てくることもあるので、1人で悩まずに医師の力を借りることが大切です。

薬を使用し続けていると、便意が起こらなくなり最悪には自力で排便する力が失われてしまうことありますので、もし神経性の乱れからくるものであるならば、「半夏厚朴湯」という漢方ががとても効果がありますので、こうした対処を行いながら、ゆっくり時間をかけながら、日々不規則な生活をしないように心がけていくことで神経性のストレスは改善され、自律神経の乱れからくる便秘は、解消されることでしょう。

おすすめの乳酸菌

機能性表示食品「VITAL FROLA」バイタルフローラは生きた乳酸菌が腸を整えてくれます。RIZAPが開発した乳酸菌サプリでカラダの内側からキレイになりましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ