アトピーの肌荒れと便秘の関係!便秘の種類を知って便秘をスッキリ解消!


便秘とアトピー性皮膚炎の関係

腸内環境と肌は密接に関係しています。肌荒れとは体内の毒素が肌表面に出てきたものだからです。
皮膚を挟んで内側と外側、どちらかだけ正常な状態などありえません。
つまり、体内の毒素が排便により正常に排出され、腸内環境が整っていると肌荒れを引き起こしにくい体質になる、ということが言えます。

便秘による肌荒れの主な例として、ニキビや吹き出物などが思い出されるかと思いますが、実はアトピー症状も便秘が大きな要因の一つとして考えられます。
この場合は単なる肌荒れよりもっと複雑で、体内の毒素が腸内で炎症をおこし、それが全身に炎症反応として現れます。炎症が起こった腸も肌も通常ではスルーされるような刺激にも過剰に反応し、さらに炎症をおこすという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

炎症の起こった肌は外部刺激に極端に弱くなります。
それは肌だけでなく腸にも同じことが言えます。
アトピー治療に食事制限などがありますが、あれは腸内の炎症を抑えるために刺激物や炎症を起こしやすいものを摂取しないようにおこなっています。
つまり、腸内の炎症が収まり正常な状態であればそこまでキツイ食事制限は不要であるといえるのです。

“便秘解消”するだけでアトピー症状が絶対に解消するわけではありませんが、随分とかゆみや肌症状が解消されるきっかけにはなってくれます。かゆみが収まると、爪でひっかく、ということが少なくなるのでアトピー症状の治療は一気に加速します。

ですからアトピー体質やアトピー症状に悩むなら、アトピー症状の治療と腸内環境のバランスを整える事の両面からのアプローチが必要と言えるでしょう。

症状別に便秘の種類を分類

あなたはどれくらい出ないと便秘だと感じるでしょうか。3日?それとも1週間?
実は、毎日お通じがあったとしてもスッキリ出なければ便秘であると言えますし、2、3日に1回でもスッキリ出すことができれば便秘ではないと言えるんです。キーワードは「スッキリ出す事ができるかどうか」なんですね。

逆に、あなたの理想的な排便回数はどれくらいですか?理想を言ってしまえば食事の都度の排便が望ましいでしょう。
しかし、1日3回もの排便をできる方がどれくらいいるでしょうか。それは究極の理想形の話になってしまいますが、便秘の解消についてでなくアトピー症状改善のための便秘の解消には、最低でも「1日1回」の排便を目指しましょう。

そのためには自分の便秘の症状と原因を知る必要があります。では便秘症状の分類をしてみる事にしましょう。

水分不足によるコロコロ便の便秘

文字通り水分不足によりおこる便秘です。腸内の水分が不足すると便が硬くなりさらに出にくくなるという悪循環が進んでしまいます。コロコロ便でいきんでも出にくく、排便があってもスッキリ出しきる事ができません。
このタイプの方が不溶性食物繊維を摂ると便秘症状が悪化してしまうので注意が必要です。

弛緩性便秘

比較的筋力の弱い女性に多く見られる便秘です。
筋力の低下により腸のぜん動運動が弱くなり便秘症状が進んでしまいます。極端に食事量を減らす事もこの症状を悪化させる結果となってしまいます。

痙攣性便秘

自律神経の乱れ過度のストレスが原因とされている便秘です。男性に多く見られる便秘症状です。
大腸のぜん動運動が過剰に起こり便秘と下痢を繰り返してしまいます。

症状別の対処とまとめ

便秘が解消し腸内環境が正常な状態になればアトピー症状改善ほもうすぐそこです。では早速症状別の対策を考察しましょう。

水分不足にによるコロコロ便の改善方法

まずは不足している水分を補いましょう。一度にたくさん飲むのではなく少しずつこまめに水分補給してください。
水分は何でも良いをわけではありません。コーヒーや紅茶はこの水分補給には適していません。
これらに含まれているカフェインには利尿作用があり腸内の水分を蓄え便を柔らかくする前に尿として体外に水分のみを排出させてしまいます。その他含まれているタンニンも腸を荒らす成分ですのでアトピー症状改善面でもおすすめはできません。

そのほか、他のお茶よりものほうが適しています。軟水よりも硬水のほうが良いとされていますが味や価格の面で続けにくいため水道水をおすすめします。何よりこまめに続けられることが大切です。
そして腸内環境の底上げのため、食物繊維乳酸菌を摂りましょう。

弛緩性便秘の便秘症状改善方法

この便秘症状には腹筋などの軽い運動をおすすめします。ウォーキングなどの全身運動もおすすめですね。
血流を良くし内臓の活動を活発にさせる事により便秘症状は激的に改善されるでしょう。

水溶性、不溶性食物繊維をバランスよく摂取することで、便の量を増やしましょう。さらに乳酸菌を摂取することで、腸内環境を整え腸内の炎症も抑えましょう。

痙攣性便秘の便秘症状改善方法

この便秘症状の場合、食物繊維をとると症状の悪化をまねきます。ストレスを解消しつつ、質の良い睡眠をとる事を心がけましょう。このタイプは生活スタイルのバランスが崩れてる方が多いですね。
生活パターンを見直し、整える事が便秘解消、アトピー症状改善の近道になります。このタイプは一番腸内の環境が整うことで症状改善が激的に改善するタイプだといえますね。

今すぐ自分の便秘症状と照らし合わせ対策を実行してみてください。便秘解消とともにアトピー症状改善の糸口となるはずです。

おすすめの乳酸菌

オールインワンの乳酸菌サプリ【アレルナイトプラス】はお肌の悩みにアプローチした乳酸菌サプリです。便秘とアレルギーに悩む方におすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ