呑気症(空気嚥下症)の治し方!とは?げっぷやおならは呑気症のサインかも?


呑気症っていったい何?

なんだかおならが止まらない。
ゲップがたくさん出て困る。
お腹が張って苦しい・・・。
こんな症状困りますよね。
特に女性や、働きに出ている方なら避けたい症状です。

呑気症(どんきしょう)、その名前を知っている人は少ないのではないでしょうか。
しかし、呑気症で悩まされている人は日本では8人に1人いるとされています。
名前が知られていない割には羅漢者がとても多いと思います。
しかしみな、これが病気症状だとは思わず、体質や体調として扱ってしまう事が多いように思います。
ではこの呑気症とは一体どういったものなのでしょうか。
呑気症を知ることで正しい対処をし、解消していきましょう。

匂いのないおならがよく出る、ゲップがよく出るというようなことはありませんか?
これは呑気症の典型的な症状です。

軽いものならよいのですが、重い症状になると異様な量のゲップやおならが出るだけでなく不快感や痛みが出ることもあります。
食欲不振や胸が重苦しく痛む、頭痛がするなども呑気症の症状です。

胃腸の調子の悪い時にも同じような症状が起こりますが普段から腹部膨満感やゲップがある様なら呑気症を疑っていいと思います。

一口に呑気症と言っても体感症状は多岐にわたるようですね。
この様な嫌な症状を持つ呑気症ですが、原因は一体どういったものなのでしょうか。
今回はこの呑気症について詳しく考察してきたいと思います。

呑気症。その原因は?

呑気症の原因にはどういったものがあるのでしょうか?
ここでは呑気症の原因について詳しく調べていきたいと思います。

ストレス

現代ではストレスのない生活をしている人などいない!と言ってもいいほどストレスは身の回りにありふれて存在するようになりました。

人間関係、仕事関係での緊張で息をのむ、唾をのむというような行動は普通に行われています。
しかしこれも呑気症を起こす原因となります。

この無意識に大量の空気を飲み込むことによって呑気症は起こります。
そしてまた、ゲップやおならをしてはならないという思いがさらなるストレスとなって呑気症をひどくしてしますのです。

先ほども触れましたが呑気症がひどくなってしまうと痛みや不快感も伴ってくるようになります。
空気が胃や腸にたまりすぎて痛みを感じるまでになってしまうのです。

人によっては気にしすぎてしまいうつ状態になってしまう事もあるようです。
そこまでの精神的ストレスを感じることはまれであるかもしれませんが、特に女性なら避けたい症状であるのは間違いありませんね。

無意識のかみしめ

ここでのかみしめとは歯を食いしばる事とは異なります。
無意識に歯をかみ合わせる行為が嚥下反射を刺激します。

嚥下反射を刺激?何やら難しそうですがなんのことはありません。
歯をかみ合わせた状態はつばを飲み込みやすい状況にあります。
このつばの飲み込みと同時に空気も飲み込んでしまっているのです。

この噛みしめ呑気症はゲップやおならなどの症状だけでなく頭痛や肩こり、くびや顎の痛みにまで発展してしまいます。

早食い、食生活

早食いも呑気症の原因だと言えます。
食べ方で空気を大量に飲み込んでしまう事や姿勢でこれは起こります。

腸内環境が整っていないと便と一緒にガスを出すことができないので食生活の注意も必要です。
単純に呑気症だけでなく、便秘症状が呑気症を増長してしまう可能性もあるのです。

呑気症の改善方法とは?

では呑気症はどのようにして解消すればよいのでしょうか。
ここでは呑気症の改善方法、解消方法を詳しく調べていきたいと思います。

ストレスの発散、解消方法を身に着ける

呑気症の一番の原因であるストレスの発散方法を見つけることが大切です。
人間関係、仕事関係のストレスをリセットできる場を持つようにしましょう。

あと、気にしすぎないことも大切です。
対人関係や、とっさの事で緊張している!と思った時はまず深呼吸しましょう。
これだけでも大きく違いますよ。

体を動かす事も大切です。
簡単な運動を毎日続けるようにしましょう。

ストレス解消になるから長時間ゲームなど同じ姿勢で過ごすようになると呑気症が悪化する恐れもありますよ。

かみ合わせの改善

噛みしめ呑気症の改善方法として特に有効なのが先ほど述べたストレス対策とともにかみ合わせの改善をはかる事です。
歯科に相談してかみ合わせの矯正をすることで無意識の噛みしめが随分と改善されます。

食生活や食べ方の改善

食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌を摂取する事で腸内の正常化を図りましょう。
便秘症状が改善すると腸の異常発酵などが抑えられ、呑気症の増長を防ぐことができます。

食べ方にも気を配り、早食いや空気を飲み込みやすい食べ方は避けるようにしましょう。

いかがでしたか?
呑気症は単なる不快症状ではなく、れっきとした病気です。
どの症状にも同じことが言えますが早期に解決する事がとても大切です。
呑気症の事を詳しく知り、一刻も早く不快症状から脱出しましょう!

おすすめの乳酸菌

機能性表示食品「VITAL FROLA」バイタルフローラは生きた乳酸菌が腸を整えてくれます。RIZAPが開発した乳酸菌サプリでカラダの内側からキレイになりましょう。
サブコンテンツ

このページの先頭へ